★菊池凛子CD★
★グラビアアイドル画像★

菊池凛子(りんこ)とバベル

菊池凛子が映画バベルでのちょっとショッキングなシーンです

菊池凛子が映画バベルでのちょっとショッキングなシーンです。
菊池凛子はこのバベルに出る為に手話を相当勉強したらしいです。
演技とは思えない手話のできばえです。

菊池凛子(りんこ)とは

菊池凛子(りんこ)がアルゼンチン人俳優と同棲。

菊池凛子(りんこ)がアルゼンチン人俳優と同棲。
女優の菊池凛子(りんこ)と、アルゼンチン男性との熱愛が発覚しました。写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)によると、お相手の男性はアルゼンチン人で、俳優やモデルとしても活動しているアレッタ・フェデリーコ(26)。
フェデリーコはスペイン語、英語、日本語などに堪能で、テレビドラマやCMに出演している。

FRIDAYの記事によると、2人は都内で同棲中。菊池凛子(りんこ)が彼のアパートに入っていく姿などが報じられている。

菊池凛子(りんこ)とフェデリーコは、菊池凛子(りんこ)がアカデミー賞にノミネートされる1年ほど前からの交際という。

菊池凛子(りんこ)の所属事務所では「大人ですから、本人たちに任せています」とコメント。事務所は菊池凛子(りんこ)との交際については否定しなかった。
 
 
タグ:

菊池凛子(りんこ)とバベル

菊池凛子(りんこ)が出演する「バベル」、もうみましたか。

ゴールデンウィークも終盤ですが、菊池凛子(りんこ)が出演する「バベル」、もうみましたか。
映画の内容は、モロッコで山羊飼いの少年が放った一発の銃弾をきっかけに、ドラマがモロッコ、メキシコ、アメリカ、日本と展開していきます。
登場する人物像は、壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしている夫婦。父親と心を通わす事ができないろう唖の高校生を演じる菊池凛子(りんこ)と、それぞれが失った愛を取り戻したいと思う設定のようです。

バベルは菊池凛子(りんこ)が最優秀助演女優賞にノミネートされたりと話題の多い映画なので、ぜひ見に行ってください。

菊池凛子(りんこ)とバベル

菊地凛子出演バベルの海賊版がすでに売られている。

菊地凛子がアカデミー助演女優賞の候補になって話題を呼んだ「バベル」の海賊版DVDがすでに大阪・日本橋の電器店街「でんでんタウン」の路上で売られています。
このような海賊版は、先行上映した海外で盗撮された映像が、悪用されているとみられます。

今回海賊版を売って現行犯逮捕された、14〜15歳の中高生6人は、バベルやロッキーのほか、東京で14日に上映が始まったばかりのダイアナ元皇太子妃の事故死を題材にした「クィーン」も売っていました。

菊地凛子出演バベルの配給元「ギャガ・コミュニケーションズ」によると、バベルのDVDの国内販売の時期は未定との事です。

菊池凛子(りんこ)とバベル

菊地凛子「バベル」に字幕がついています。

菊地凛子が耳の不自由な高校生役を演じる映画「バベル」に、日本語せりふにも字幕が出ています。
「日本語なのに字幕がある」実は最初バベルの試写会では、日本語のセルフには字幕はありませんでした。ところがバベルの試写会に招待されたろう者が、日本語せりふになると字幕がなく、内容がつかめなくて混乱した事がきっかけでした。4万人分の署名を集めたろう者らの声に、配給会社が応えたのでした。
配給会社は当初字幕つきバベルは、「やるとしても5スクリーン程度」だったのが、4万人の署名に全館字幕つきを上映する事を決めたようです。
洋画には字幕がついていますが、日本映画には字幕がない為、今までろう者は主に洋画を見ていたようです。これをきっかけに邦画も字幕つきが増えるといいと思います。

菊池凛子(りんこ)とバベル

菊池凛子が踊るシーンは目をそらせて

菊池凛子出演のバベルを見て、観客が吐き気など体調不良を訴えている事が分かりました。
問題のシーンは、開始から約1時間20分後に、菊池凛子が演じる高校生がクラブで踊るシーンです。菊池凛子の踊りに合わせるかのように、クラブの照明が1分間激しく点滅します。クラブで踊った事のある人は、おそらく大丈夫とは思いますが、映画館などはこのシーンに来たら、適度に目をそらすようにと注意を促しているようです。
バベルは菊池凛子が、アカデミィー賞助演女優賞にノミネートされるなど、話題を呼んでいる映画なので、これから観客が増えることが予想される為、映画館などは対策を考えているようです。

菊池凛子(りんこ)とバベル

菊池凛子がクラブで踊るシーンで、観客が吐き気

菊池凛子出演の「バベル」の上映がゴールデンウィークから始まりました。
菊池凛子の大胆なヌード、ヘア、濡れ場シーンなど話題が盛りだくさんですが、もう一つ重要な話題が分かりました。
菊池凛子がクラブで踊るシーンで、クラブの照明が一分程度、速い点滅を繰り返すシーンがあります。名古屋市と三重県四日市市の映画館で、そのシーンに観客が吐き気などの体調不良を訴えている事がわかりました。幸い症状は軽く休憩後自力で帰ったという。配給会社では「対応は劇場に任せる。」とのことで、映画館などでは、このシーンではスクリーンから適度に目をそらせるよう、注意を呼びかけるチラシなどを配っている所もあります。
菊池凛子のバベルこれからもいろいろと話題を残していきそうです。

菊池凛子(りんこ)とバベル

菊池凛子、バベルあらすじ

菊池凛子出演のバベルは、メキシコの名匠、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が放つ衝撃のヒューマンドラマです。舞台をモロッコ、メキシコ、アメリカ、日本に設定して、別々の事件が一つに向かって展開していきます。
バベルのあらすじは、
「アメリカ人夫婦のリチャードとスーザンは、壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしている。バスが山道を走行中、一発の銃弾が、スーザンの肩を撃ち抜く。医者のいる村までたどり着くが、応急処置がやっと。彼は英語がなかなか通じない村の住人たち、対応が遅いアメリカ政府に苛立ちを露わにするが…。同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った菊池凛子演じる女子高生のチエコは、満たされない日々にいら立ちを感じていた…。」
あとは映画でのお楽しみ。

菊池凛子(りんこ)とは

菊池凛子のバベルが上映されます

菊池凛子がアカデミー賞6部門に、ノミネートされた映画「バベル」が、いよいよこのゴールデンウィークから上映となります。
このバベル、上映前から菊池凛子が、最優秀助演女優賞にノミネートされたり、菊池凛子の大胆なヌード、ヘアー、濡れ場など話題が盛りだくさんでした。
共演者にも凄い人がいます。
まったくの無名だった菊池凛子も単身アメリカに渡り、オーディションを受けてつかんだ役だけに必死だったのではないでしょうか。菊池凛子は聾唖の役をこなす為に、手話を日常生活で使えるまでに習得したり、地下鉄が入ってくるのを風の感覚で覚えたりと、役作りに一生懸命取り組んだみたいです。
菊池凛子の今回のノミネートはこのような努力も陰にあったと思います。
菊池凛子出演のバベルいよいよ始まります。是見に行きましょう。

菊池凛子(りんこ)とバベル

菊池凛子が映画「バベル」のジャパンプレミアに駆けつける

菊池凛子が映画「バベル」のジャパンプレミアの為に、ロケ先のセルビア・ベオグラードから1泊3日の超駆け足で、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズに駆け付けた。
菊池凛子はアカデミー賞授賞式など、シャネルが提供する衣装を今まで着用してきたが、今回は昨年のカンヌ映画祭以来の着物姿で、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、二階堂智と一緒にレッドカーペットに登場しました。
菊池凛子は、現在ハリウッド次回作「ザ・ブラザーズ・ブルーム」を欧州で撮影中。翌27日には撮影地にとんぼがえりする予定である。
菊池凛子は着物を選んだ理由を「日本という場所にピッタリくる。りんとした気持ちで選びました」と笑顔で話していました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。